【何考えているの真ん中っ子男子】不思議っ子系彼氏を持つ女性の悩み


真ん中っ子男子という生き物は、普通じゃない!と思ったことはありませんか?3人兄弟の真ん中(第二子)として育った真ん中っ子男子は、他の兄弟と同じことをしていても親から構ってもらえない!という生まれながらに身についた思考から、独特の感性を持っている人に育つことがよくございます。真ん中っ子男子は上と下に兄弟がいるため、社交的で話してみると意外に普通だな〜と思われる(思っていただける)のですが、長く付き合っていると随所になんか不思議な人だな〜と思うような行動をとることがあるのです。良く言えば独創的・アーティスティックですが、悪く言えば変わり者・変人なのです。


真ん中っ子のセンスと考え方


真ん中っ子はセンスが良くていいな!と思っている人はおそらく少数派です。以前、私が海外に住んでいた時の話しです。これは偶然なのですが、私を含め真ん中っ子(男性×2、女性×2)が一堂に集まったのです。私は、姉・弟がいる真ん中っ子男子で、もう一人の真ん中っ子男子は、姉・妹がいる真ん中っ子男子です。女性は、姉・弟がいる真ん中っ子女性と兄・妹がいる真ん中っ子女性です。そして、4人が集まるとセンスの良い集団が出来上がるのです。

姉と妹がいる真ん中っ子男子の友人は、おネエ気質が少しありましたので、全身紫色のコーディネートをしていました。上下紫色で揃えられ、小物まで全て紫色なのです。外国で全身紫色の日本人がいたらビックリするでしょう。姉・妹がいる真ん中っ子女性は、男っぽい性格をしていて有名人で言うと真木よう子のような女性でした。彼女は、全身黒色の洋服を着て来ました。南国で生活をしているというのにも関わらず、黒っぽいコートやヒールを履いていました。日本ならいいけど、アジアでその格好はどう?と思ってしまいます。もう一人の女性は、この柄なんていうの?というような模様の服を着たり、サッカーをしているわけでもないのにサッカー日本代表やどこかの国のユニフォームを着ている女性でした。外出時には必ずどデカイサングラスをしてきます。

そんなお前はどうなの?思われるかもしれませんが、私はいたって普通です。南国の島でジャケットを着て、寒い日にはマフラーを巻くくらいです。

真ん中っ子が4人集まると、ベクトルがバラバラでおかしな集団になります。端から見ると一見変なファッションかもしれませんが本人達は自信を持ってそのファッションを行っています。真ん中っ子という生き物は、他の人と一緒にされたくないと思っている人種です。そのため、時に突拍子もない行動に出ることがあります。だたし、空気を読むことに長けた真ん中っ子は、大勢の目を引くような大胆な行動をするということではなく、基本的には自分のファッションや行動に関して周囲の人からは想像ができない行動をとるという意味です。

以前、3人兄弟の真ん中っ子は海外留学に行く人が多くいるという話をいたしましたが、私は周りとこんなにも違う!と言う主張と自分探しをするのが真ん中っ子なのです。生まれ育った場所以外で友人や人間関係を作ることが得意な真ん中っ子にとって海外留学はその二つを叶えられる場所なのです。真ん中っ子のセンスと考え方に理解ができないと言う方がいるかもしれませんが、それが真ん中っ子なのです。



付き合いが長くなるほどわからない人間!


私の周りにいる真ん中っ子は、付き合いが長くなればなるほど訳のわからない人が多いのです。突然海外に行ったり・仕事を辞めたりということは真ん中っ子ではなくても良くある話ですので、真ん中っ子に限った話ではございません。

真ん中っ子というのは、いつも空気を読んで生きています。もちろん私自身も空気を読んで生きていますが、私の周りにいる真ん中っ子は私以上に空気を読んで生きています。真ん中っ子は、上にも下にも兄弟がいることから幅広い世代の話ができます。例えば好きな音楽は?と聞かれると、それちょっと上の世代じゃない?と思われる音楽を聴いていたり、最近の音楽も知っているのね!と言うケースも珍しくはございません。また、昔見ていたアニメ・ドラマは?と聞かれた場合でも、人よりも幅広く応えることができます。

そして、兄弟の趣味などを拒否することなく育つ真ん中っ子は、あらゆるものを取り入れて生きてゆくというような生活が身につきます。そのため、久しぶりに会う真ん中っ子の友達に”最近どんなことをしているの?”と聞くと、あれもやってるこれもやってると、いろんな話が次々と出てきます。昔は全然興味なかったでしょ?と思うことも次々にやり始めるのです。また、真ん中っ子は結婚をすると相手の趣味にも付き合うという人が多く、突然アクセサリーを作ったり料理を始めたりすることも珍しくはございません。また、女性の方も野球観戦が好きになったり釣りをしたりする人もいるようです。

真ん中っ子の行動をいつも近くから見ている人であれば、誰々の影響で料理や釣りを始めたんだ〜と知ることができますが、そのことを知らない人から見ると急にどうしたんだ?!と思ってしまうような行動が多々あるのです。もちろん、真ん中っ子ではなくても新たな趣味を見つける人は沢山いますが、真ん中っ子は一つではなくあれもこれもやり始めるのです。結果、真ん中っ子の考えは分からないな〜となるのです。ただし、理解不能な行動を日々繰り返すということではなく意外だな〜ということの連続によりなんかわからない!不思議な人だ!となるのです。


空気を読む真ん中っ子の性格とは?


mannakadaishi
真ん中っ子は自分の意見(信念)を持って生きている人が多くいます。そのため、自分の意見を求められた場合は、素直に私はこう思っているといいます。例え多数派であっても少数派であっても。そして、自分のことや絶対に譲れないことは意見を曲げることなく戦い抜くという頑固な性格であります。ただし、相手のことについて意見を求められた場合や、相手の本当の気持ちに気づいている場合に選択の決断を求められた場合は、自分の意見ではないことを空気を読んで述べることもあります。

また、真ん中っ子は不平等という言葉が大嫌いです。例えば、兄弟3人で何かを分ける時にはきっちりと三等分するのです。兄は年上だから少し多くて、弟は少し少なくてもいい!と言う考えは絶対にできないのです。また、障害者だから・外国人だから・女性だから・男性だから・お年寄りだから・貧乏だから・お金を持っているからと言う理由で差別することが大嫌いなのです。

真ん中っ子は周りのことを考える

真ん中っ子という生き物は、自分だけが良い思いをするという考え方が嫌いです。おそらく幼少期の頃、兄は新しい物を買ってもらい、弟は兄のおさがりをもらっていたことから「どうして自分はおさがりなの?」と疑問に思ったことが、1人の人間だけが良い思いをすることが嫌いになるきっかけになったのでしょう。そのため、真ん中っ子は友達といる時に何か食べ物を食べたくなったら、相手の分も購入するのです。友達がいるのに自分1人だけ食事をするという行為ができない(しない)のです。例えば、同棲をしている彼女や彼氏がいる時、帰宅途中に甘いものが食べたくなりケーキ屋さんに寄ったとします。その場合、当然彼女・彼氏の分も購入して帰るのです。決して一つだけ買って帰るということはございません。

【一人っ子と真ん中っ子の比較】

一人っ子は、兄弟がいない環境に育ったため自分の分だけしか買わないことがあります。彼女・彼氏がお部屋で待っているのにもかかわらず、自分の分だけ購入して帰宅するのです。そして、相手のことなんか考えることなく1人でケーキを食べるのです。長男・長女がケーキを買う時は、あらかじめどのようなケーキが好みかを聞いてみんなの分購入します。(お金を請求される場合があるので注意を!)真ん中っ子は、突拍子もなく全員の分買って帰ります。(たまに怒られます。)末っ子の男性・女性は一人っ子と同じように自分の分だけ買う傾向があります。ただし、「食べさせて!」と言うと一口くれます。一人っ子は「ハァ?何で?」という感じに逆ギレします。


真ん中っ子男子の恋愛観


真ん中っ子男子は基本的に熱くなることがあまり好きではございません。相手に好きな人がいると知った場合は、邪魔をすることなく第三者的立ち位置にいます。また、好きな女性がいる場合でもその女性のことを好きな男性が他にいる場合は、女性にアタックすることなくただただ待っています。真ん中っ子は、自分のことだけを見てくれる人を好きになる傾向があります。親が自分ではなく兄や弟を可愛がり、自分のことを気にかけてくれなかったという思いを抱いている人が多いためです。

真ん中っ子の特徴|恋愛観

真ん中っ子は、クラスで一番美人だから・頭が良いから・お金を持っているから好きになる!ということはほとんどございません。クラスで一番美人な人が、自分のことだけを見てくれる女性だったということなら好きになるとは思います。美人だからと言う理由ではなく、好きになった人が美人だったというだけなのです。

地球上のすべての人が自分の敵になったとしても、ただ1人の女性だけが味方でいてくれればそれでいいと思っているのです。真ん中っ子に好感度を気にして生きている人は1人もいません。

私の周りの結婚をした真ん中っ子

私の周りの真ん中っ子の既婚者の話をいたします。まず、1人目の真ん中っ子男子は、周りが高校や大学の同級生と結婚している中、30代の女子と結婚をいたしました。年の差は6歳です。30代の女性と結婚をすることに否定的ではございませんが、周りの目を気にすることなく1人の女性と結婚した私の友人を誇らしく思います。2人目の真ん中っ子男子は、超わがままで友達が本当に少ないけどちょっと美人な女性と結婚をいたしました。男性側の友人のほとんどが結婚相手の女性のことが嫌いです。もちろん、私も大嫌いです。しかし、一途な彼女に惹かれ男性(真ん中っ子男子)は結婚したのです。今では子供もできて本当に幸せな生活を送っているようです。ただし、結婚式以来その2人には一度も会っていません。なぜなら、奥さんが嫌いだからです。私以外の方もほとんど結婚式以来その2人には会っていないようです。何度も言いますが、奥さんが嫌いだからです。それでも真ん中っ子男子は結婚して幸せな生活を送っているのです。例え、すべての人が敵になったとしてもその女性さえ好きでいてくれたらいいのです。


最近女性の間で流行っている電話占いとは?!


uranai
ここまで私の主観でお話しさせていただきました。上記の内容を読んでいただき、「そうだったんだ!真ん中っ子って〜」思っていただき、真ん中っ子男子との恋愛がうまくいくのであればいいのですが、私には皆さんの抱えている悩みを解決することはできません。

電話占いで相性を占う

真ん中っ子男子とはこうだ!と述べたところで、すべての真ん中っ子が同じだということはございません。また、生まれ育った環境による性格と現在直面している問題が相まって解決困難な問題に発展している場合もあるのです。そんな場合は、性格だけでは現状を打破することができないのです…

そんな困難な状況に陥った時、友人に相談する人がいれば親や職場の上司に相談する人がいます。そして、最近では電話で占い師さんに相談をするという女性が増えているのです。
電話占いヴェルニ

【なぜ占い師に相談するの?】

なぜ最近の女性は占い師さんに恋愛や今後の人生について相談をするのかというと…

  • どんな悩みも解決してくれる
  • 情報が漏れることがない

占い師さんに相談をするとどんなことにでも最良のアドバイスをしてもらえます。また、遠視ができる占い師さんに相談をすると自分でもわかっていないことを教えていただけるのです。例えば、相手の名前や誕生日がわからないのに、その人との運命を視ることができるのです。また、友人や職場の人に相談をするとその内容がどこかから漏れることがございます。例えば、社内恋愛や社内不倫などの相談を職場の人に安易に相談をした場合、その情報が漏れたため職場に居にくくなることもございます。しかしながら、占い師に相談をするとその心配はありません。また、今の恋愛がこの先の人生においてどのうような影響を及ぼすのかということを占ってもらうこともできるのです。

以下に、私が直接占い師さんにお話を聞いて書いた記事がございますので是非参考にして見てください。