【死ぬまでに何を残せる】お金じゃない!1人の人間が生きた証

よく親世代が言うのが、”俺が死んでもお金があるから安心しろ!”です。でも私は思うのです。残すものはお金だけでいいの…と。人はみんな死にます。親も兄弟も私もいずれは死んでしまうのです。人が死ぬと、故人との思い出が残りますがその思い出は時とともに薄れていくのです。そう考えた時、お金だけ残して死んでどうなる?と思ったのです。人間は、生きてきた証を残さないといけないのではないでしょうか?



大切な親友が”思い出”だけ残して死んだ


約1年半前24歳という若さで親友が亡くなったのです。死因は急死です。以前親友のお部屋に泊まりに行った時、亡くなった彼はレポート作成や患者さんの情報をまとめたりプレゼン資料の製作をしていました。私が寝た後もずっと作業をしていたらしく、ほとんど寝ていないとのことでした。親友の私が泊まりに行っても、作業をしなければならないほどやることが山のようにあったようです。そんな彼は、次第に生活習慣が悪くなりある時、原因不明の急死をしてしまったのです。

「彼が残したもの」

後日、彼の両親の住むお宅にお邪魔した時の話です。彼は亡くなる数ヶ月前に普段は帰えることのない実家に行き、珍しく祖父や両親と写真を撮ったそうです。その時の写真が彼が生前に撮った最後の写真になります。突然死をした彼は、兄弟や親に何も残すことなくこの世を去ってしまいました。今、彼と私の間にあるのは「思い出」だけなのです。

もし彼が、アスリートや研究者であれば何らかの賞や功績を残せたのかもしれません。でも、彼はただの一般人なのです。もちろん、私もただの一般人なのです。では、一般の人は誰かの頭の中の記憶(思い出)として残るだけでいいのですか?人の一生には様々な出来事が起こります。そしてその出来事は自分(当事者)にとっては、歴史上の事件よりも大切な出来事なのです。例えば、プライベートで草野球をやっていて、あるナイターの試合でホームランを打ったとします。その瞬間というのは、昭和から平成に変わった時と同じくらいその人にとっては大きな出来事(ニュース)なのです。

人は後世に”お金”を残そうとします。もちろん、その考えを否定はいたしません。でも、配偶者や子供が残して欲しいのは”あなたの影”なのです。あなたが死んで”やったーお金だー嬉しい!”と喜ぶ人はいません。必要なのはあなたがいなくなった後の拠り所なのです。つまり、あなたとの思い出だけではなく、あなたが家族に生きた証を残す必要があるのです。


俺が死んでもこのブログは残る!


私が死んだ後にも残るものがあります。それは、皆様が見てくださっているこのブログです。ブログというのは、私が今日死んでもインターネット上に私が書いた記事が存在する限り誰かに見てもらえます。このブログは私の生きた証なのです。私はこのブログを使って自分の考えを発信しています。私の書いた記事によって元気になったり、笑ってくれる人がいるのは本当に幸せなことです。

このブログは私が約4年間書き続けているブログになります。そのため、100以上の記事がブログ内には存在いたします。4年間で100ページは少ない方ですが、ブログで生計を立てているブロガーではないため記事数は関係ありません。私が亡くなった後に、家族や友達がこのホームページを読んでくれて、時々私のことを思い出してくれたら生まれてきた良かったなと思えるのです。

人が亡くなった後、残された人は故人との思い出の写真やビデオを見て泣いてしまいます。私は、写真や映像を残す事がなかなかできませんので文章で私の生きた証を残せたらと思います。


なぜみんなブログを書かないの?


なぜみんなブログを書かないのかという理由は、毎日更新をしないといけないものだと思っているということと作るのが難しいと思っているからです。ブログをFacebookのように気が向いた時にだけ更新ができ、誰でもできるものだとわかればみなさんやるのではないでしょうか。では、なぜ多く人は毎日ブログを更新しなければならないと思っているのでしょうか。その原因は有名人がブログを行っているからです。有名人はブログによって収益を得ていますので、毎日更新をしてアクセス数を集めなければなりません。しかし、我々は一般人なのです。もちろん、我々一般人でもブログによって収益を得ることが可能です。しかしながら、多くの人にブログを見てもらえなければ収益は全く入りませんので、収益のことはブログを製作して2・3年は考える必要がありません。ブログを続けることが肝心なのです。

ここでいうブログとは、アメーバブログやFC2ブログではなく情報サイト・マガジンサイトのようなホームページのことをブログと言います。つまり、ブログ=ホームページ作りなのです。ホームページを作るためにはお金がかかります。しかしながら、作ることは簡単です。普段パソコンを使う人であればおそらく誰でもつくることができます。

【なぜお金をかけてまでウェブを作るの?】

ホームページの維持費は年間1万円以内です。この一万円が高く感じるか、安く感じるかは人それぞれですが私はたった一万円でホームページが持てるのであれば安いものだと思います。しかも、ホームページをカスタマイズする費用はほとんどかからないのです。なぜなら、すべて無料でダウンロードできるからです。

なぜ、アメーバブログやFC2ブログなどの無料ブログではなくホームページなのかというと、所有権の所在を明らかにできるからです。無料ブログの実質的な所有権は自分にはございません。そのため、公開しておくのにふさわしくない内容があった場合は簡単に削除されます。人間には表現・言論の自由がありますので、仮にふさわしく内容があった場合、本来であればどの記事のどの部分がふさわしくない表現なのかが通知され、それに対する回答ができるはずです。しかしながら、無料ブログでは削除されて終わりです。今まで数百時間かけて作ったものが一瞬で消えるのです。

一方、ホームページは自分のものですので勝手に消えることはございません。つまり、半永久的に自分の書いた記事が残るのです。息子・孫の世代にも自分の生きた証を残せるという意味です。自分の生きた証が無料ブログで良いという人はおそらくいません。なぜ、お金をかけてまでウェブを作るのかというと、それだけ価値のあるものだからです。


全く情報を集めずブログを立ち上げる



それでは、ブログを作りましょうと言ってもみなさん作らないと思います。なぜなら、世の中にはたくさんの情報があり、何を信じて良いかわからないからです。また、ブログ製作に関する記事はコミのようにたくさんあります。その内容をすべて読んで、”さあ、ブログでもしようかな!”と言う気持ちになる人は稀です。ほとんどが”面倒臭い!”やるのやめよう!となるのです。

これからどうすの?

これから皆さんにしていただくことを簡潔に話します。これから皆さんには、ブログを立ち上げるための情報収集を一切せずに、ブログを立ち上げるために必要なサーバー(レンタルサーバー)を借りていただきます。レンタルサーバーさえ借りればとんとん拍子にブログ作成が進むのです。もちろん、通常レンタルサーバーを借りると数日間の無料ご利用期間が付いてきますのでレンタルアーバーを借りた後に、ブログの作り方を調べていただき全くわからない、もうダメだ!となったときには解約をするすることができます。

私が様々なサーバーを見てきた中で一番コストパフォーマンスがいいレンタルサーバーは、さくらインターネット(レンタルサーバー)のスタンダードプランです。何がいいのかということは私からお話しするよりも、他の方が書いた記事を読んで判断する方が説得力があると思います。私から言えるのはただただオススメですとだけです。もちろん、一ヶ月間無料ですので一ヶ月間いろいろやってみて無理であれば解約をすればいいのです。やることは簡単です。まずさくらサーバーのスタンダードプランの契約をいたします。次に、ワードプレス(WordPress)をインストールします。あとは、ブログを書いて行くだけです。

サーバーを借りたあとは、自ら検索して調べてみてください。検索キーワードは、さくらサーバー・WordPressの導入・ワードプレスの使い方などです。

上記の内容を読んで、ブログを書こう!と思う人はほとんどいないと思います。1,000人いたら1,000人ブログを製作することなく、他のサイトを見たりして最終的には”もうこんな時間か〜明日も仕事か〜寝よう!”となるのです。でも聞いてください。私は、4年間このブログを書いているのです。このサイトはすべて私が作っているのです。お金ではない1人の人間が生きた証を作る始まりは今日なのです。