【会社経営者が電話占いをする理由】費用対効果を高める戦術とは

占いと聞くと、手相占い・誕生日占い・血液型占い・動物占いなどを思い浮かべると思いますが、これらの占いは全て、統計学に基づいた単なる”傾向”なのです。例えば、手相を見た時に金運線があればお金回りが良い人になると思うのですが、この根拠は金運が良い人の手相によくある線だからなのです。誕生日占い・血液型占い・動物占いも同じで、この誕生日の人はこのような傾向の性格である。A型(B・O・AB)の人はこのような特徴がある。だから、この誕生日・この血液型の人との相性が良いと言う傾向がある。と言うのが統計に基づいた占いなのです。

しかしながら、統計学とは違い”霊視”と言う能力を使って占いをする占い師が日本にはいるのです。霊視とは、相手の情報が無くても占いが出来ると言うの力です。そのため、占い師さんに相手の誕生日(生年月日)や名前(氏名)・血液型などの個人的な情報を全く話さなくても(知らなくても)霊視と言う力で視る事が出来るのです。この能力があるからこそ、いついつに良い事(悪い事)が起ると予想が出来たり、いついつに運命の出会いがある・別れがあるなどと言うような未来予想が出来るのです。

占いと聞くと恋愛占い・相性占いを想像する人が多いとは思いますが、実は会社の経営者や社長の側近には実力派の占い師がいる事も珍しくはないのです。会社役員としては、顧問弁護士や顧問会計士さんの名前しか出てきませんが、会社の相談役に占い師(占い)を使っている経営者は実は多くいるのです。今回のブログ記事では、会社の経営者がなぜ占い(電話占い)を使うのかと言う理由について、長々とお話ししたいと思います。途中まででも構いませんので、ぜひ読んでみて下さい。uranaikizi1


会社の未来展望とリスク回避


会社を経営していて一番知りたい事と言えば、自分の作った会社が将来どうなるのか・この先も自分が思い描いている会社経営が出来るのかと言うことです。会社経営者の多くは自分のやりたい事・やる事に100%の自信を持っていて、失敗などするはずが無いと思っています。しかしながら現実はうまく行かず、3年と言う短い期間で約90%の株式会社や個人事業が倒産(廃業)してしまうのです。自分のビジネスモデルは100%成功すること意外は考えられないと思っていても、そう全てがうまく行かないのが会社経営なのです。

会社の経営者と言う立場上、仕事の相談ができる人は限られてきます。仲の良い友人に会社経営や今考えているビジネスに関する相談をしても良いアドバイスがもらえなかったり、仕事上だけのお付き合いをしている方に経営に関する相談をするのは情報漏洩と言う面で不安が残ります。そのため、経営者の方が唯一相談ができる相手と言うのは顧問税理士(弁護士)だけになるのでしょうか。顧問税理士は企業会計のプロフェッショナルですので、会社を回すための資金繰りや節税対策などのお話をする事が出来るでしょう。しかしながら、税理士の先生とはお金の話をして、お金の面で会社の展望やリスクを予想する事ができても、人間関係などのトラブルや問題解決・リスク回避は出来ないのです。

会社経営者を成功に導く言葉

日本の有名企業の社長・役員から、中小企業や個人事業主の代表の方の側近には事業を成功に導く占い師がいます。なぜ、占い師の力を借りるのかと言う理由は至って簡単で、多くの企業の相談役をされている占い師さんが持っている様々な業界の情報や占い師さんの能力(霊視)を目当てに力を借りているのです。

一般人は、”社長”や”経営者”だと聞くと一歩引いてしまうことが多々ございますが、占い師さんはそんな人たちとでも対等にお話が出来るのです。豊富な経験からのアドバイスが出来ると言うのが、占いの特徴なのです。さらに、霊視によってまだ視えない問題やリスクを視る事が出来るのです。霊視と言う能力は、占い師さんの中でも一部の方にしか使えない特殊な能力になります。今までのいくつもの事例や豊富な経験・知識に加え「霊視」と言う能力を使って企業を成功に導くのが占い(占い師)なのです。


占いの力で取引相手の精査を!


占いの力は自分自身の鑑定だけではなく、周囲の人を鑑定診断する事も出来るのです。冒頭でも少しお話し致しましたが、「霊視」が出来る占い師さんには個人情報が知らなくても人を鑑定する事が出来ます。そして、会社経営では仕事の報酬が確実に入金されるのかと言う事はとても重要になり、お金の入金があるまでは信用取り引きでしかないことから、どんなに信頼をしている会社であったとしても、官公庁以外は倒産する可能性が0%ではないのです。そのため、どの企業と取引をすれば良いのか又はどの人(営業マン)とお仕事をして行けば良いのかと言うことを慎重に決めて行かなければならないのです。

占い師さんの「霊視」で取引相手の精査をしてもらうことで、どの企業・どの営業マンと付き合って行けば良いのかと言うことを教えてもらう事が出来ます。また、どのようなお付き合いをして行けば企業が安定的に成長が出来るのかと言うアドバイスをもらう事も出来るでしょう。

人にペコペコする価値ってあるの?

我々一般人からすると、社長・経営者と聞くと「すげ〜」と思ってしまいますが、我々一般人が知らないだけで社長・経営者はたくさんいるのです。社長同士がお仕事で対等にお話が出来るケースもありますが、上下関係にある事がほとんどなのです。仕事を与える側の社長と、仕事を貰う側の社長がいるのです。

”俺は社長だ!”と思っていても、仕事を貰うためにペコペコしなければならない・・・。例えば、その取引が大きな利益を生む仕事である場合や、その取引が企業の成長の観点から見た場合に必要不可欠なお仕事である場合は、頭を下げる価値が十分あると思います。例え、社長であったとしても従業員やその家族を守るための行為は惜しむべきではございません。

しかし、一度きりのお仕事で少々リスクのある場合や、自分の会社の方向性が少し違う取引の場合にペコペコ頭を下げる価値はあるのでしょうか?私は、ペコペコする必要は無いと思います。なぜなら、会社の方向や方針を決めるのは社長だからです。でも、その判断を誤ってしまった場合に、取り返しのつかない事になってしまう可能性があるのです。だから、占い師さんにアドバイスをいただくのです。



自己分析の手段として占う



自分の考えは100%正しい。なぜなら、私は経営者としてここまで会社を大きく出来たからです。今後も、私の思った事をやって行けば必ず会社は大きくなる。倒産などと言う言葉は頭の中に全くない!と思っている経営者がいる一方、毎日不安で周りの目が気になってしょうがない!と言う方もいるのです。経営者と言っても様々だと言う事です。また、経営者と言う立場上、一般人よりも人に出会う機会が多い事でしょう。中には、苦手な性格(タイプ)も絶対にいるはずです。

私は、2年間全国のリゾートホテルや一泊35,000円以上する高級旅館などでレストランサービススタッフとして勤務致しました。一泊一名35,000円以上のお部屋に泊まるお客様だから、常識があり素晴らしい人たち・・・だとは限りません。また、話し方や仕草・行動も様々で、行いがあまり良くない人であっても話し方や話す内容が面白い人がいれば、きちんとしたお客様ではあるけど話しにくいと言う人もいるのです。

もしこれがプライベートな話であれば、嫌な人とは関わらない!と言うスタンスをとることが出来ます。しかしながら、ビジネスでは避けては通れないと言う事もあるのです。そんな時に必要なのが自己分析になります。自己分析をして悪い部分を修正し、どんな人とでもお話や商談が出来る能力を身につける必要があるのです。また、自己分析をする事でどこを磨かなければならないのかと言う事を知る事が出来ます。


占星術を用いた開運方法・従業員選び


占星術を用いた吉報位や風水学的な占いを経営や私生活に取り入れている経営者がいます。吉報位や風水額を取り入れる事で企業の売り上げや対人関係が良好になると言うような効果を実感する事が出来ます。吉報位や風水学は書籍などで学ぶ事も出来ますが、実践した方法が正しいのかを知るために電話占いを利用致しましょう。吉報位や風水に関する電話相談は、「霊視」が出来るベテラン実力派の占い師ではなくても占ってもらう事が可能です。

占いで従業員を決めるという例もある

部下や従業員は、会社にとって財産です。新入社員の採用面接を数回行ってから採用・不採用になりますが、たった数分間の面接試験で相手の事を100%理解できるわけはございません。そんな時に活用されるのが占い師による相性・能力・適合性占いなのです。企業方針に合った人材確保・チームの一員としての重要性や将来性などを占い師に占ってもらう事で、より良い会社を作る事が出来るのです。


おすすめの占い集団は?


私がお勧めしている占い師さんは、清流先生(セイリュウ)・瑛美先生(エイミ)です。こちらのお二方は電話占いヴェルニ(vernis)に所属している大先生になります。電話占いの会社はいくつかございますが、タロット占いしか出来ない先生しかいない占い館がある一方で、「霊視」が出来る占い業界で最も有名な占い師さんが所属している電話占いも存在致します。

清流先生・瑛美先生が、電話占いのヴェル二に所属されるまでには長い道のりがあり、やっとの思いでスカウトに成功が出来たと言う経緯があります。業界で超有名なお二方がいるからこそ、ヴェルニと言う電話占いが成り立っていると言っても過言ではない程、お二方は占い業界に影響を与え続けているのです。30分の電話鑑定の料金が10,500円なのが高い・安いと思うのは人それぞれですが、お二方の実力からすると妥当な金額なのではないのかなと思います。

「霊視」と言う高難易度の占い方法が出来るのは、250人以上の占い師が所属している大手老舗占い集団のヴェルニであっても24名程度しかいません。この約24名の占い師さんとの電話占いの予約は、取ることが比較的難しくなっていますので鑑定時間に空きがあればすぐに予約を入れると良いと思います。相性診断などをする場合、生年月日や氏名が分かっている場合は「霊視」の方法ではなくても占い鑑定が出来ますので、必ずしも「霊視」が使え占い師さんに相談をする必要はございません。

まとめ

冒頭でも述べましたが、右肩上がりに成長し続けている企業には必ずと言っても良い程占いの力が使われているのです。占いの力を信じるか信じないのかは人それぞれですが、鑑定をしてみなければ信じる・信じないの話が出てこないのです。また、占いとは自らが相談した事に対してYES又はNOを占い師が答えるのではなく、どちらの方がメリットがあるのか・今後どのような問題が出てくるのかと言う事を占ってもらい、その鑑定結果を踏まえて自ら方針を決めると言うものなのです。占いの答えに強制力は無いのです。今回の話を聞いてみて、電話占いをしてみたいと思った方はぜひ占い師に相談をしてみて下さい!