【ブログ・写真販売副業でリスク分散】副収入が安定して増える法則

多くの方は副業(副収入)など考えずにただ働くだけ・・・という人が多いなか、最近は毎月1,000円でも3,000円でも副収入が稼げるように努力している人が増えてきています。今回は私の経験を元に副業をさらに細分化し安定して稼げるようにする方法についてお話ししたいと思います。ブログ副業・写真販売副業に限らず副業をしている!したい!という方はぜひ参考にしてみてください!


ブログ副業を細分化する


blogafiri2
一口にブログ副業と言っても、ブログの収入は多岐に渡ります。収入を大きく分けるとどのブログでも書いているとは思いますが、googleの広告(アドセンス広告)とアフィリエイト広告に分ける事が出来ます。それでは、まずは上記のの2つの広告を併用するリスク分散についてお話し致します。

アドセンスとアフィリエイト

アドセンスと言うのはgoogleの広告になります。googleの広告はgoogle側がホームページを見てくれているユーザーにとって”必要であるだろう!”見たい広告であるだろう!”と言うものを自動的に表示してくれますので、ブロガーはGoogleの広告を配置する場所だけを決めるだけで良いのです。そのため、一度ブログ(ホームページ)の設定で決まった位置に広告を表示させると言うような設定を施してしまうと、今後広告を触る必要は無いのです。ただ単に人気の記事を書き、アクセス数を集めれば良いだけなのです。

なぜ、アクセス数を集めれば良いだけなのかと言うと、アドセンス広告は”クリック型報酬”の広告だからです。つまり、ブログを訪れたユーザーが広告をクリックしてくれればそれだけで報酬になるのです。報酬額については、1クリックいくらと言う明確な金額は決まっていません。自分のホームページに広告を載せたい!と言うような広告主が増えれば勝手に高くなって行きます。一応、金額の目安としては1ページの閲覧で0.3円と計算すれば良いと思います。(つまり、安定的に収入を得るためにはそれ相当のアクセス数が必要不可欠だと言う事です。)

次に、アフィリエイトについてお話し致します。アフィリエイトと言うのは、広告主が”この商品を売ってくれ!”このサービスを広めてくれ!”と言うように明確な目的が提示されている広告になります。ブロガーは、この商品の知識なら少しある!と言うような広告を選び、その広告についての記事を書くのです。そして、自分のブログ経由で商品が売れたりサービス利用がされると報酬になるのです。報酬額は1件1,000円と言う案件や5,000円、10,000円の案件などもございます。また、商品が売れるための記事が書ければ、1日のアクセス数が1ページであっても、その1人が確実に商品を買ってくれるのであれば、1日1ページのアクセス数でも全く問題ないのです。

ブログでリスク分散をする!!!

ブログを始める時に自分はどっちの方が向いているかなぁ〜と考え、どちらかだけを選択する人がいますがアドセンス・アフィリエイトはどちらもやらなければならないのです。ブログは、まず安定的にアクセス数を稼ぎアドセンス広告の報酬(収入)を伸ばす事が基本です。アクセス数が上がって来たら、アフィリエイト広告にも取り組みましょう。初心者にはアフィリエイト広告を使って商品やサービスを売るのは至難の業です。アフィリエイトで成功したらラッキーだと思って頑張りましょう。仮に、アフィリエイト広告を使って記事を書いたとしても商品が売れなかった場合は、記事を削除せずにアドセンス広告で稼げば良いのです。

アフィリエイト広告は無くなる!

アドセンス広告は、世界的企業である「google」の広告になりますのでサービスが無くなると言う事は99%ございません。しかし、アフィリエイト広告は民間企業の広告になりますのでなくなる事があるのです。例えば、同じ会社で新商品を販売したときは、前の商品が製造されなくなると言う事は良くあるのです。製造されなくなると言う事は、その広告は無効にされることになるのです。もし、製造中止になる商品の広告で月に5万円稼いでいるとすると、広告収入が突然5万円減ってしまう事を意味致します。5万円は大きな金額です。

アフィリエイト広告の種類は沢山!

アフィリエイト広告にはもの凄い数の広告がございます。例えば、主婦ブロガーに人気の広告として化粧品の広告がございます。しかし、1つの広告に頼りきってしまっているとその広告が無くなった時に一気に収入が減ってしまうのです。そのため、化粧品だけではなく健康食品や健康器具・子供服などの広告も併用し、1ジャンルだけではなく様々な方面から収入が得られるようにする必要があるのです。

YouTubeの広告とは?

ブログをやる人にYouTubeの話をしても”はぁ?”と思われるかもしれませんが、YouTubeの広告も実はgoogleの広告なのです。ブログ用のアドセンスのアカウントを取得すると、簡単な設定でYouTubeの動画を収益化する事が出来るのです。例えば、化粧品のアフィリエイト広告を使ってブログ記事を書く時に、動画で商品説明や商品レビューをすると1つのブログ記事にアドセンス広告・アフィリエイト広告・YouTube動画を収益化した動画広告の3つを使う事が出来るのです。もし仮に、この記事に貼付けてあるアフィリエイト広告のサービスが終了したとしても、アクセス数がある記事であればアドセンス広告(YouTubeも含む)で稼ぐ事が出来るのです。


ブログ広告の細分化まとめ


ブログ広告には「googleアドセンス」と「アフィリエイト」と言うものがることは分かっていただけたと思います。そして、ブログで安定的に稼ぎながら広告収入を上げて行くためにはその両方を行って行かなければならないのです。「googleアドセンス」だけでも安定的に稼ぐ事が出来ますが、クリック報酬だけではなかなか高額収入を手に入れる事が難しいのです。また、アフィリエイト収入にだけに頼ってしまっても、広告が無くなってしまった時に無収入になってしまいかねないのです・・・。

「アフィリエイト」を細分化すると、商品を販売するための広告やサービスを利用してもらうための広告などがございます。商品販売の広告とサービス利用型の広告で成果を上げることで、広告が一度に2つとも無くなってしまうと言うリスクを防ぐ事が出来ます。1つの広告が生き残っていれば、その広告から収入をもらいながら他の道を探す事も可能です。

ブログ広告を行うと上記で書いた事の他にも細かな収入がちょこちょこあることに気づくはずです。ぜひ、ブログ1つで様々な収益を上げて下さい。多方面からブログ収益を上げると言う事は、収益が増えると同時にリスク分散に繋がっているのです。安定的にブログで稼ぐためには、その細かな収入がとても大切になるのです!


写真販売は日本・海外・スマホがある


ストックフォト
写真販売(ストックフォト)と一口に言ってもスマホを使って写真を撮っているのか、一眼レフで写真を撮っているのかによって販売先がかわってきます。また、販売会社も日本の会社なのか海外の販売会社なのかによって求められる写真が変わってくるのです。今回は、写真販売のリスク分散と言う意味で複数社で同じ写真を販売するメリットについてお話ししたいと思います。

日本サイトの「PIXTA」とは?

日本のストックフォトサイトで最も有名な写真販売サイトは「PIXTA」になります。素人・プロカメラマンが使うサイトになっています。写真はスマホで撮った写真を販売する事は出来ず、カメラ(デジタルカメラ・ミラーレスカメラ・一眼レフカメラ)で撮影した写真でなければ販売する事が出来ません。1枚の写真の報酬は、数十円から千円程度になります。また、写真を売れば売る程クリエイターランクが上がり、1枚の写真の報酬が上がって行くシステムになっています。

「PIXTA(ピクスタ)」は日本サイトになりますので、購入者の多くは日本人になります。(もちろん、海外対応もしています。)そのため、日本の写真が良く売れるようです。さらに、日本人はあまり海外でストックフォト用の写真を撮影していない事から海外で撮影した写真もかなり需要がございます。

海外サイト「fotolia(adobe)」も人気

海外サイトの中で写真の審査が1番厳しいと言われている「fotolia(adobe)」ですが、やはり海外シェアNo.1のストックフォトサイトですので登録は欠かせません。写真の審査が厳しい厳しいと言われますが、良い写真は審査が通ります。

海外サイトは、どんな写真が売れるかは分かりません。自分が売れるだろう!と思っている写真でもなかなか売れず、日本人にとっては”普通”と言うような写真が何度も売れたり致します。日本人と外国人が必要としている写真は同じ!と言う事はございませんので、ぜひ上記のサイトも登録してみて下さい。

シャッターストックで写真を販売する

海外サイトとして「shutterstock」と言うサイトもございます。使い勝手としては、日本語対応がされているストックフォトサイトではございますが、写真のタイトルやタグ付けを英語でしなければなりませんので少し難しいサイトにも思えます。しかしながら、「シャッターストック」は、「fotolia(adobe)」より写真の売れ行きや写真の審査が緩いようですので作業は少し煩雑ですが、慣れれば「シャッターストック」の方が使えるかもしれません。

審査に通らない写真は「PhotoAC」を使う

上記3社は1枚の写真を併用して販売する事が出来ますので、例えば写真を10枚撮影すると各社で10枚ずつ販売(審査)する事が出来るのです。しかしながら、「PhotoAC」と言うサイトはアップロードした写真を他のストックフォトサイトで販売する事が出来ません。じゃ・・・使う意味はあるの?と思うかもしれませんが、「PhotoAC」はブログで言うと「googleアドセンス」と同じなのです。1枚の写真の報酬はわずか2.75円とかなり低い金額になりますが、「PhotoAC」はダウンロード型の報酬になりますので簡単に報酬に繋がるのです。

「PhotoAC」には、上記3社のストックフォト会社の審査に通らなかった写真だけを販売すると良いと思います。また、「PhotoAC」は唯一スマホ画像が販売出来るサイトと言っても過言ではございません。スマホで撮影した写真も販売する事で収入が安定的に増やす事が出来るのです。

最近では動画販売も出来る!

実はストックフォト会社では写真だけではなく動画も販売する事が出来るのです。YouTubeで収益を得る事を目的に撮影した動画などをまずはストックフォトサイトで販売してみて、売れない時にYouTubeに投稿すると言うのも良いでしょう。


ストックフォトでリスク分散まとめ


ストックフォトサイトで写真を購入するお客様の半数は、様々なストックフォトサイトで写真を吟味した後に数点の写真を購入致します。そのため、販売サイトが1社でも良いのでは?と思うかもしれませんが、お客様の検索にヒットさせるためには様々な写真販売サイトで写真を販売していなければならないのです。また、定期購読で写真を購入しているユーザーも沢山います。定期購読をしているユーザーは、他のサイトではなかなか写真を購入致しませんので1つのサイトでピンポイントに写真を売らなければならないのです。

ストックフォト(写真販売副業)をする時は、1枚の写真をいくつかの販売サイトで売りましょう。1つの販売サイトで売った方が売れた時の単価を上げる事が出来ますが、複数社で写真を販売した方がトータルの売上げは高くなるのです。ただし、写真販売が軌道に乗るまではなかなか換金が出来ません。例えば、ピクスタの最低間金額は1,080円、フォトリア(アドビ)の最低換金額は7,000円、シャッターストックの最低換金額は35ドルとなっています。毎月換金するためには1年以上かかるとは思いますが、毎月最低換金額を超えるような報酬を手にする事が出来れば安定して稼ぐ事が出来ます。

ストックフォトの場合は、リスク分散と言うよりも1枚の画像が売れるために1つのサイトではなくいくつものサイトを使って販売しましょうと言う事です。ストックフォト副業は一度良い写真を撮影する事が出来れば、安定してお金を稼ぐ事が出来ます。例え、自分の後に良い写真を撮った人が現れたとしても突然今まであった売上げが0円になると言う事は考え難いのです。皆様もぜひストックフォト副業でお金を稼いでみて下さい!