【海外在住者にできる仕事】海外で大成功するための8つの副業


現在台湾の台北に在住の私が、台湾に限らず海外在住者にできる副業(仕事)をまとめてみました。今回ご紹介する副業は全部で8つございます。現在私は半分の4つを実践していますので、その経験からお仕事についてのお話しができたらと思っています。残りの4つは、私自身が今後やってみたい!と思っているお仕事になります。始めは1つでも良いと思いますので、これならできる!と、思うものがありましたらぜひやってみてください!


海外で知り得たことをブログにして収入を得る!



海外で生活をしている人の多くは個人でブログを運営しています。なぜ、ブログを運営しているのかというとそれだけブログネタが豊富にあるからです。そして、ブログは書けば書くほど収入が上がって行きますので、海外在住者にとってブログはとても相性が良いのです。さらに、海外で何かをするためには自分を表現・宣伝する媒体が必要になりますので、収益云々ではなくとりあえず沢山の人に見てもらえるものを作る!と言うことでブログを行っている人がいるのです。宣伝媒体は、SNS(フェイスブックやツイッターなど)でも良いとは思いますが、SNSでは収入を得ることができません。(むしろお金を払って広告を出さなければなりません。)SNSはブログを拡散するツールとして使うのが現状では一番良いのです。

ブログ収入の仕組み

ブログ収入を大きく分けると「googleアドセンス」と「アフィリエイト」に分けることができます。これら2つは、自分のブログに広告を掲載するという点では全く同じですが、報酬になるまでの過程が少し違うのです。まずはじめに「googleアドセンス」の広告についてですが、「googleアドセンス」はグーグル(google)の広告になります。グーグルの広告報酬の仕組みをざっくりと説明すると、ブログに貼った広告をブログを閲覧してくれたユーザーがクリックをしてくれるだけで報酬になるのです。また、どのような広告を表示するかはgoogle側が勝手に行ってくれますので、ブログの所有者は自分のブログのどの位置に広告を表示させるかを決めるだけで良いのです。1クリックあたりの報酬は、オークション形式によって金額が決まりますのでブログにたくさん広告を掲載したい!!という広告主がいればいるほど高くなります。

次に、「アフィリエイト」についてお話しいたします。「アフィリエイト」とは、自分が選んだ広告をブログに掲載し、その広告経由で商品を購入してくれたりサービスを利用してもらえると報酬になるという仕組みになっているのです。「アフィリエイト」は「googleアドセンス」のように広告がクリックされるだけでは報酬になりませんが、一件あたりの報酬が約100円〜10,000円以上とかなり高額になっていますので、一度成功をすると(1ページの人気記事を作るだけで・・・)かなりの大金を毎月もらうことができるのです。「アフィリエイト」は自分の好きな広告を選べますので、”この広告なら記事が書ける!”という広告(商品)を選んでブログ記事を書いてみましょう。

ブログは、自分で制作したブログであれば「googleアドセンス」「アフィリエイト」を併用することができます。(AmebaブログやFC2ブログでは不可)そのため、今どちらをやるか決めるのではなく、まずはブログを開設して記事を書き、アクセス数を増やすことが重要なのです。アクセス数が集まるブログができれば、あとは難しいことをしなくても収入になります。ブログは続けることが一番重要ですので、収入!副収入!と考えずに書きたい記事をどんどん書いてみてください!


海外で”これ良い!”と思ったものを売る


海外生活をしていると、”これは日本にはない!他の人にもオススメしたい!”というような商品を見つけることがあると思います。もし、そんな商品があれば日本人向けに販売することができるのです。また、海外生活をしていて”日本のあれがない!!欲しい!”ということもあると思います。そして、こんな思いを抱いている人は少なくはないのです。少なくないということはそれを商売にすることができるのです。

ネットショップ開業

ネットショップの作り方は意外にも簡単で、「販売サイト」と「決済システム」があれば海外に住んでいようとネットショップの経営ができてしまうのです。そして、日本には販売サイトと決済システムが同時にしかも無料で使えるソフトがあるのです。そのサービスは「BASE」と言います。

「BASE」ってなに?

「BASE」を使ったネットショップとして最も有名なのは、「おっさんレンタル」です。首都圏を中心におじさんを1時間1,000円で販売するというサービスが一時期流行りましたが、そのショピングサイトと決済システムは「BASE」なのです。

上記が「おっさんレンタル」のショッピングサイトになります。上記のネットショップは、デフォルトのものを使用していますので0円でサイトを運営していると思われます。売りたい商品があれば、「BASE」のシステムを使って商品を販売することができるのです。海外に住みながら日本人向けに販売する事も、日本にいながら海外にいる日本人向けに商品を販売する事も出来るのです。以下に私が以前行っていたネットショップに関する記事を掲載いたします。ネットショップを始めた!という人は是非参考にしてみてください!


海外で撮影した写真を販売する!



海外で生活をしていると日本では目にすることのできない風景や食べ物に出会うことができます。そして、そのようなものに出会った時にすることといえば写真撮影になると思います。ということで、海外で日本人ができる仕事の3つ目としてストックフォト(写真販売副業)についてお話ししたいと思います。

ストックフォトってなんだ?

ストックフォトというのは写真販売のことで、たくさん写真を撮って販売することをストックフォトと呼んでいます。ストックフォトは、カメラ(一眼レフ・ミラーレス一眼・デジタルカメラ)で撮影した写真だけではなく、スマホ写真も売ることができるのです。もちろん、販売先によってはカメラの写真しか売れない販売会社もありますが、カメラで撮影した写真が売れない!というようなサイトはございませんので、カメラを持っている人は多くの写真販売会社で自分の撮った写真を売る事が出来るのです。スマホしか持ってない!という人もスマホ写真が売れる販売会社が私の知っている限り2社ほどございますので複数社で写真を売ることができるのです。
※スマホ写真が売れるのは、「スナップマート」「PhotoAC」になります。

私もやっているストックフォト

私自身も現在進行形でストックフォト(写真販売副業)を行っています。収入やどのような写真を販売しているのかという事は、上記のホームページを見ていただければお分かり頂けると思います。ホームページは、私が運営しているストックフォト専門のホームページ(BLOG)になります。デザインが、こちらの『真ん中っ子男女のリゾバと台湾生活BLOG』と同じになっていますのですぐに分かると思います。不定期でストックフォト写真販売についての記事を書いていますので、ストックフォトをしてみたい!という方は是非参考にしてみてください。


自分の力を信じてストリートとして生きる



住んでいる国にもよりますがストリート(路上)で歌を歌ったり、ダンスをしたり、大道芸をしてお金を稼ぐこともできます。デザインが得意!という人は似顔絵を描いたり、書道が得意だという人はフィーリングで字を書くのも良いと思います。

ストリートって稼げるの?

ストリートで稼げるかはその人次第になります。例えば私の住んでいる台湾ではストリートの文化がございますので、路上パフォーマンスをしても全く稼ぐことができない!ということはないと思います。さらに、台湾で一番安い小銭は1元になりますが1元=3.6円程度の価値がございますので、一番安い1元を10枚入れてもらえるだけで36円にもなるのです。

台湾に限らず海外でストリートをする場合は、路上でパフォーマンスをするための許可が必要になります。無許可の場合は、警察官に注意されたり止めさせられたりいたしますが、いきなり逮捕されるということはございません。ただし、警察に怒られ移動せざるを得なくなった時に、ファンの方が”どこに行ったの?”と心配してしまわないように、移動する際はファンの方にお伝えできる手段を持っておきましょう。

ストリートでは銀行口座が必要になるかも!

ストリートをすると小銭がたくさん貯まります。しかも、普通の生活では消費しきれないくらい小銭がどんどん貯ります。そのため、小銭を貯金しておくための口座が必然的に必要になってしまうのです。台湾の場合は、銀行口座を作るためには統一番号というものを取得しなければなりません。銀行口座は、台湾の移民局で取得することができますので台湾でストリートをする方はぜひ統一番号を取得して、銀行口座を作ってみましょう。(台湾情報ですみません。)


稼いだお金で投資信託を買う!


投資信託は私も行っているローリスク・ローリターンの投資になります。投資信託は、何としてでも稼いでやる!という感覚ではなく、預金口座に貯金をするというような感覚で資産を増やすことができます。投資信託の積立投資であれば、毎月1,000円から積立ができますし、突然お金が必要になった時は投資信託を売却することで現金化ができるのです。

投資信託を購入してみる

投資信託というのは、ファンド会社が資金を集め様々な国に投資してその利益を受け取るというのが投資信託の基本的な考えなのです。投資者社はどの国に投資している商品なのかや株・債券など何に投資しているのかということを吟味して投資することになります。もし、海外生活をしていてこの国はさらに成長する!旅行に行ったあの国は良い・あそこ良くない!というようなことを思った場合は、その国に投資したり逆に投資を止めたりすることができるのです。海外在住社は、日本で投資信託を行っている人よりも自らの目で見て感じたことを活かして投資ができるのです。

口座開設には少し時間がかかる

投資信託を始めるためには、証券口座というものが必要になります。証券口座は、投資信託の利益などを受け取ったりする口座になります。イメージとしては、普通預金口座に取引ができる機能がついたような口座になります。また、証券口座は開設をしたその日から使える!ということではございませんので、投資信託をするかもしれない・・・という人はやり始める少し前に開設することをお勧めいたします。また、証券口座の開設と同時に多くの人は収益が非課税になるNISA口座も開設すると思います。NISA口座は証券口座を開設するよりも時間がかかりますので、やはりこれまた時間のある時に口座を開設するのが良いのです。私のオススメ証券口座は以下のフィデリティ証券になります。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。



日本人であることを最大限に活用する講師業



日本人であることを最大限に活用して、現地で日本語講師をすると言うこともできます。ここまでくると、もはや副業を超えたお仕事になるかもしれませんが、アルバイト講師であれ採用も意外に早く決まるのです。ただし、アルバイト講師の場合は就労ビザが発行されないこともございますので、その場合はワーホリビザ等を取得して現地に滞在することになると思います。

日本語講師の資格はいるの?

日本語講師になるための資格は意外にもいりません。例えば、小学校や高校教師は教職免許が必要ですが塾の講師は教職免許がいらないのと同じです。ただし、日本語レベルを証明する唯一の資格である日本語教育能力検定と言う試験(資格)が日本にはございますので、資格がないと不安!だという方はぜひ取得してみてください。



起業して一発逆転!!!


海外に永住するつもりで生活をしている方や国際結婚をして海外で生活をしなければならない!という方は、いっその事起業をしてもいいと思います。起業で一番簡単に始められるのはゲストハウス経営になります。日本人観光客向けに安くお部屋を提供すると言うビジネスは、多くの人が行っているビジネスですが、日本に帰国しなければならなくなったりと意外にも多くの人が作ってはやめてしまう世界なのです。そのため、日本に帰る予定がない!と言う方には是非お勧めなのです。

ゲストハウスってどうやって作るの?

ゲストハウスを作るためには旅館・ホテル業に関する法律に従いながら営業をしなければなりませんが、日本・海外を問わずゲストハウス経営をしている人の多くは許可を取ることなく行っているというのがほとんどなのです。また、ゲストハウスを運営するための法律がきちんと整備されていないということもその原因の一つになっています。

ゲストハウスってどうやっては始めるの?

ゲストハウスの始め方は至って簡単で、少し大きなお部屋を借り、ベッドなどを設置して宿泊に必要な備品を一通り揃えるだけなのです。あとは、集客をすることができればお仕事として成立するのです。集客の方法は様々ですが、ブログが作れるのであればブログで宣伝したり、フェイスブックやツイッターの活用でもいいと思います。オススメは一番最初にも言いましたがブログです。ゲストハウスのブログに広告を貼り付けることでブログ収入を得ながらゲストハウス経営ができるのです。


色々やればメディア出演もできるかも!


海外で色々なことをしていると変なこと(頑張っている)をしている日本人としてメディアに取り上げられることもございます。メディアに取り上げられると、有名人(芸能人)として活躍をすることができたり、人気が出るとブログを書籍化できたり、写真を写真集として販売することもできるのです。私は現地台湾のメディアに未だ取り上げられてことはございませんが、依頼が来たらぜひ出演したいと思います。こればかりは、運もありますので出演依頼が来るまで辛抱強く頑張りましょう。もちろん、自ら売りに行っても大丈夫だと思います。

今回ご紹介した8つの方法は一例でしかございません。この他にも海外で成功をする方法はたくさんあると思います。ぜひ、一人でも多くの日本人の方が海外で活躍出来る事をお祈りしています。最後までご覧になって下さいましてありがとうございました。