【インドネシア債券の評判】毎月決済型の投資信託を半年間運用した利益


今回はこの「真ん中っ子男女のリゾバと台湾生活ブログ」ではあまり触れていないことを書いてみたいと思います。どのような内容なのかと言うと、投資信託に関する内容です。海外で生活をするためにはお金を稼ぐだけではなく稼いだお金をさらに増やすということが必要になるのです。ではなぜ、稼いだお金を増やす必要があるのかと言うと住んでいる国の物価が日本よりも高いとは限りませんし、海外に住んでいると日本と海外を何度も行き来しなければなりませんのでそれなりにお金がかかってしまうのです。そのため、少しでもお金を増やす必要があるのです。

今回は、私が半年間購入して運用してみた投資信託をご紹介したいと思います。これから海外で生活をする!と言う人だけではなく、お金を増やしてより良い生活をしたい!という方はどうぞご覧になってみて下さい!


購入しているのはインドネシア債券


私が購入している投資信託は、インドネシア債券に投資する投資信託になります。購入してまだ半年程度しか経っていませんが、半年間の運用実績をご紹介したいと思います。

と、その前になぜ私がインドネシアの債券に投資をしようと思ったのかというと・・・以前「個人が海外で仕入れタイ・インドネシア雑貨をネットで売る方法」という記事で少し書きましたが、私はタイ・インドネシアで売っているランプを大量に仕入れ、日本で販売した!という経緯があることからアジア諸国のどこかに投資をしようと思っていました。そのため、タイ・インドネシアに限らずベトナム・フィリピン・インド・中国・香港などの投資信託を調べました。その中で、一番気になったのが・・・インドネシア債権だったのです。(結局インドネシアでした・・・)

これからはインドネシア・・・?

私は約3年前に台湾の大学で中国語を学んでいましたが、その時の留学生の大部分は日本人と韓国人でした。現在はと言うと・・・以前と同じく日本人・韓国人がたくさんいますが3年前はかなり少なかったインドネシアやフィリピン・インドなどのアジア諸国の留学生がたくさんいます。そのため、日本人・韓国人の多さはそれほど気にならない・・・と言うような感じになっています。

現在台湾でどのようなことが起きているのかというと、インドネシア・フィリピン・インドなどのアジア諸国の方がたくさん台湾で中国語を学んでいます。クラスメイトのインドネシア人やインド人に話しを聞くと中国語を身につけてより良い就職先に就職をしたいとのことでした。また、フィリピン人は母国語がフィリピン語と英語になりますので、中国語を身に付けるとこれまた就職に有利だと言っていました。インドネシア・フィリピン・インドからやってきた留学生が、中国語を取得して母国や外国で活躍すると・・・必ず経済成長するはずなのです。

各国に投資をしている私としては経済成長を望んではいるのですが、中国語を勉強して海外で働きたい!と考えている私にとってはライバルが多くて大変になる・・・と率直に思っています。


イーストスプリング・インドネシア債券オープン



私が購入している投資信託は、「イーストスプリング・インドネシア債券オープン(毎月決算型)」と言うものになります。なぜ「イーストスプリング・インドネシア債券オープン(毎月決算型)」と言う投資信託の積み立てを行っているのかと言うと・・・特に深い理由はありません。

楽天証券でインドネシアに関する投資信託を検索すると、21件ヒット致します。私は、その商品を最も純資産が多い投資信託順に並べ、購入手数料がかからない投資信託を選んだだけです。もちろん、購入をするときは目論見書をじっくりと読んでから購入を致しました。

6ヶ月間運用するとどうなったの?

上記の投資信託を6ヶ月間約10万円運用した時のトータルリターンはと言うと・・・
現在のトータルリターンは7,605円となっています。分配金は普通分配金が5,541円、特別分配金が1,558円となっています。半年間保有しているだけでこんなにもお金が増えるインドネシア債券は・・・ある意味恐ろしい!今後の運用に関しては、そのまま継続して保有するか売却するかは決めていません・・・。

もし、「イーストスプリング・インドネシア債券オープン(毎月決算型)」を調べてみたいという方は、以下の証券会社で購入ができますのでぜひ確認してみて下さい。


まとめ|【インドネシア債券の評判】


今回は、私が半年間投資をしているインドネシア債券をご紹介いたしましたが、今回は私が投資をしている商品が良い・悪いと言うことではなく、インドネシアの債券はまだまだ魅力的だということです。もちろん、投資において絶対はございませんので損をすることもあるとは思います。

投資信託に興味がある!という方は、どうぞ証券口座を開設し実際にいくらかお金を預けてみると投資信託がどのようなものなのかがわかると思います。