【レーン作業バイト体験談】一週間のパン工場でアルバイト感じたこと

今回は私が大学生の時に一週間だけパン工場アルバイトをした時の体験談を書いてみたいと思います。工場アルバイトってどんなことをするの?レーン作業ってどんな感じなのか知りたい!という方はどうぞ参考にしてみて下さい!


パン工場のお仕事ってどんな感じなの?


パン工場のお仕事というのは、基本的にはレーン作業(ライン作業)になります。レーン作業って何?という人もいると思いますので、レーン作業とは?と言うところからお話ししたいと思います。

まず始めに工場でどのようにパンが作られるのかというと、作られるパンによって工程が異なりますがざっくり話すと鉄板にパンを並べ、そのパンをオーブンで焼き、袋に詰めるという作業になります。その作業工程の中で、例えばパンの上にスライスアーモンドをかけたりというような作業も中にはございます。そして、このパンは一連のレーンで作られることからレーン作業(ライン作業)と呼んでいます。実際の仕事内容はというと、ラインの各工程に配置され同じ作業を繰り返し行うお仕事になります。

パン工場体験談

それでは私がパン工場でアルバイトをした時に、どのような作業をしたのかという話をしたいと思います。

始めに私に与えられた作業は、膨らみすぎたパンを軽く押すという作業でした。なぜ、パンを押す必要があるのかというと・・・袋に詰める時にパンが膨らみ過ぎていると詰めることが難しいからです。そのため、オーブンから出てきたばかりで最も柔らかい時にパンを軽く押すという作業が必要だったのです。作業自体は手でパンを軽く押すだけでしたので誰にでもできる作業でしたが、焼き上がったばかりのパンは思いのほか激アツで、気を抜くと火傷をしてしまいそうになるくらい危険な仕事でした。また、型に入れてパンを焼いている場合もあるため激アツの型に手首(内側)を付けてしまうと熱すぎて泣きそうになります。作業は、軍手を2枚重ねにしてはめているだけですので後半は軍手に熱が溜まり手のひらも激アツでした・・・。

その他の作業はというと、流れてくるパンにスライスアーモンドをふりかける作業や焼きあがった小さなパンを5つずつ袋に詰めるという作業もございました。基本的には一度作業が始まると、作っている商品が全て完成するまで同じ作業をずっと行います。短い作業の場合は、1・2時間で終わり違う作業ができますが例えばテレビで紹介された商品が爆発的に人気になり生産量(出荷量)を増やしている時などは出勤から退勤まで同じ作業を行うということもございます。(ただし、アルバイトは4・5時間の勤務でしたのでそこまで大変な作業ではございませんでした。)

私はパンを作るラインで働きましたが、ケーキを作るラインや和菓子を作るラインの場合はまた少し違う作業になると思います。その他にもコンビニ弁当を作るラインなどもありましたので、工場勤務と言ってもその種類は意外にも豊富です。聞いたところによると、パンを作るラインが一番大変だとか・・・


工場勤務のこんな所が嫌だった



私が働いていたのがパン工場であったことから、どこのラインも大型のオーブンを使っていたため工場内はどこも暑く毎日死ぬ思いでした。仕事中に飲み物を飲めなかったということも結構キツかったのを記憶しています。また、工場では食品を生産していますので独特の匂いが充満していました。どのような匂いかという表現はなかなかできませんが、甘い匂いと地下の匂いがします。(工場では陽が入らないため・・・)さらに、毎日機械が動いていますので機械の油っぽい匂いもいたしました・・・。

工場アルバイトで一番きキツかったことは、ほとんどの人が黙々と作業をしていたためつまらなさ過ぎた・・・ということです。ライン作業では基本的には各工程に2・3人のアルバイトスタッフが配置されますので、一人で作業をするということはございませんが基本的に皆さんお話ししたくない!という人が多いみたいでしたので、特に話をかけることもなく時給(お金)のために作業をしていた・・・という感じです。また、社員の方がおしゃべりをしているスタッフを見つけると注意するというようなことも行われていました。工場アルバイトは囚人か!と、突っ込みたくなりましたが一週間の短期アルバイトでしたのでその職場のルールを守り、ただただ働いたという感じです。

時給は最低時給が大半

私がパン工場で1週間働いた時は、夏休みのアルバイトでしたので最低時給よりも若干高かったのですが夏休み・春休み・年末年始以外のアルバイトでは基本的には最低時給での雇われになります。時給に関しては、最低時給でのアルバイトが世の中には山ほどございますので最低時給だから働かない!という理由にはなりませんが、世の中には高時給で働けるアルバイトも山ほどございますのでできるなら高時給で働ける職場を選んだ方が良いのではないでしょうか。


一週間の短期アルバイトであれば気楽!


実はパン工場で働いている人の多くはアルバイト・派遣社員・契約社員になります。そのため、工場勤務のお仕事は意外にも人の出入りが激しいのです。工場でのアルバイトは、夏休み・春休み限定の1週間短期アルバイトだけではなく、一年を通して求人が出ていますので極端な話今日これからお仕事に応募するということも可能です。オススメは時給が少し高くなる夏休み・春休み・年末年始の短期間だけアルバイトをするのが良いとは思いますが、大学生なんかは授業がない日に工場で働く!と言うのでも良いと思います。

工場バイトのメリット

工場バイトでは、ほとんど人と関わることなくお仕事をすることができます。もし、誰とも話したくない・誰とも出会わずにお仕事をしたい!というのであれば、工場での勤務は最適です。

私が働いたのがパン工場であったことから、毎日その工場で作られているパンを2・3個持って帰っていました。これはこっそりとパンを持って帰るというものではなく、”みんな持って帰っていいよ〜”という感じにパンが置いてありますので、好きなだけ持って帰っていました。そんなに持って帰ったら怒られるのでは?と思うくらい大量に持って帰る人もいましたが、長年そこで働いている方は工場で作っているパンに飽きてしまっていますので、ほとんどの人は持って帰らないのです。そのため、アルバイトの方は大量に持って帰っても特に何も言われることはないのです。

一週間のアルバイトは気楽

一週間の短期アルバイトは大変気楽です。工場勤務は私的には面白いことは何一つございませんでしたが、大学生の時にはあまりお金がなかったためパンがもらえたことや一週間で結構まとまったお金を手にすることができましたのでその点からすると、工場勤務は結構楽なお仕事でした。また、工場では障害を持った人も雇われていることが多く、かなり幅広く人材を集めているようです。そのため、レーン作業のお仕事をする際の面接試験は結構簡単に通ります。そのため、バイトをしたいけど面接に落ちまくっている・・・という人でも、工場のお仕事であれば採用される!という可能性があるのです。とりえず、少し仕事をしたい!と考えている方は、ぜひ工場のお仕事をしてみてください!

レーン作業のアルバイト求人は、以下のジョブセンスなどの求人サイトで探すことが可能です。