支払い家賃が「月収の3分の1」の真相に迫る

支払家賃が収入の3分の1は情報操作だ

現在収入の何%の家賃に住んでいますか?

収入から支払い家賃を考える

毎月の支払い家賃の目安は、月収の3分の1程度が理想だという話を皆さんは聞いた事がありますか??不動産コンテンツを有する多くのサイトでは「支払い家賃(賃料)の目安は、月収の3分の1が理想」という言葉が良く使われています。ここで言う月収とは、総支給額(年収)のことではなく、あくまでも手取り金額だと考えて下さい。?また、歩合給や残業手当などその月によってもらえる金額が変動する収入は除いて考えてみて下さい。

もし、支払い家賃の目安が月収の3分の1が理想であるらならば、手取り金額が30万円の方の場合は10万円前後の家賃の賃貸物件に住むのが理想だということになります。

月収の3分の1」はあくまでも目安

条件に当てはまる人は少ない

月々の支払い賃料が「月収の3分の1」のお部屋に住める人は一握りです。この「月収の3分の1」は理想です。また、一概に「月収の3分の1」と言っても家族構成や住んでいる場所が違えば支払家賃が変わります。同じ20代であっても結婚をしているのか、子供がいるのかによって住むお部屋の広さや場所が変わってきます。「月収の3分の1」はあくまでも目安ですので、無理に高い賃料のお部屋に住む必要はございません。(向上心のある方は、あえて家賃が高めの物件に住む事があるかもしれませんね。)

参考にならないと思いますが、私がサラリーマン時代の時は37,000円の物件に住んでいました。これは月収の4分の1くらいになります。

「月収の3分の1」は確実に不動産屋の情報操作である

札幌の場合は全く当てはまらない

家賃は収入の何%に納めるべきか札幌市の場合は、この「月収の3分の1」の条件で実際に賃貸物件を探すと、かなり高級な物件に住める事になります。(タワーマンションです。)札幌市の平均賃料は40,000円程度ですので、40,000円以下の賃貸物件に住んでいる方も沢山いるという事です。また、生活保護受給者の単身世帯の方の入居可能な上限家賃が36,000円であることを鑑みると「月収の3分の1」は確実に情報操作である。(この情報の発信源が首都東京であるとするならば、情報操作ではないかもしれませんが。)

不動産仲介業者の収入源は仲介手数料ですので、少しでも高いお部屋を貸したいというのが本音です。(弊社は仲介手数料が無料ですので、全く当てはまりませんが。)1,000円でも家賃の高い物件に住んでいただきたいと言う思いが「月収の3分の1」という言葉になったのかもしれませんね。

札幌ではいくらの物件に住めば良い?

札幌の場合は月収のいくら?

札幌市内で賃貸物件を借りる場合、月収の何割の物件を借りれば良いのだろうか?収入面から考えると「4分の1」程度になるでしょう。札幌では30,000円以下の物件もございます。学生の方は30,000円、社会人の方は40,000円を目安にお部屋探しをしてみて下さい。また、上記でも述べましたが家族構成や場所(区)によってかなり金額が変わってきますので、住みたいと思っている地域の家賃相場を調べ、妥当だと思う家賃でお部屋を借りるのが良いと思います。仲介業者からお部屋を借りる場合は、初めに高い家賃を言ってしまうとなかなか安い物件を出してくれないと言う事もありますので、初めは少し安すぎるのではないかと思うくらいの値段のお部屋を探してもらうと良いでしょう。

住みたい区の家賃相場を知る

〜家賃相場は区によって違う〜

候補となる物件を見つけたら、次は周辺にある同等の物件の家賃と比較しましょう。同じ区にある築年数、間取り、駅までの距離が同等の物件の家賃と比較して、その差がどのくらいの額なのか確認しましょう。3,000円以内であれば問題はないと思いますが、それ以上の金額差がある場合は注意して下さい。また、お客様にとって必要ではない設備・条件の費用がかかってしまっている物件の場合も少し考えてみて下さい。(例えば、24時間の管理物件であるとか、駐車場料金込みの価格表示は人によっては不要の人もいます。)実は、その他にも要因がありますので以下で確認してみて下さい。

〜家賃が相場よりも高い理由〜

アパート・マンションは、物件を管理している不動産管理会社と家主(オーナー)で周辺物件と比較し、家賃を決めていたりもします。そのため、家主が家賃を下げないと言ってしまうと、たとえ物件が新築の時に設定した金額のままであったとしても、家賃が下がる事はありません。つまり、物件が値下げされていないままの状態であると言うことです。また、家主(大家さんは)は入居者を見つけるために、広告費を支払っています。この広告費の支払いがあるため不動産経営がうまくかず、家賃が下げられないと言う事もございます。

〜家賃が相場よりも低い理由〜

訳あり物件である可能性を疑う

自殺や事故などの訳あり物件という考え方ができます。皆さんは、仲介業者の物件検索ページで”こちらの物件は自殺物件です!”と広告をしている賃貸物件を見かけたことはございますか?おそらくないでしょう。自殺・事故物件であるかは、親切な業者が物件の下見の際に教えてくれるか、こちらが聞いた時、もしくは管理会社すら把握していない場合もございます。家賃が安い物件は特に気をつけましょう。

原状維持での入居が条件となる

通常は入居前に、色褪せた壁紙や畳などは綺麗な状態にしてから入居させるのですが、中には原状のままで入居となる物件があります。タバコを吸う人にとっては退室時に、壁紙の変色について張り替え料金を請求されることはございませんが、できるなら奇麗な状態のお部屋に入居したいですよね。

近隣環境に多少難がある

墓地や暴力団の事務所・パチンコ店などがあったりすると家賃を安く設定している物件があります。


【次回】ポイントカードを一枚も持たない男の考えを聞きたくないかい?

次回のテーマは、「ポイントカードを一枚も持たない男の考えを聞きたくないかい?」です。ポイントカードを一枚も持たずに生活をすると、どのように生活が変わるのかと言うことについて考えてみたいと思います。私自身もポイントカードを一枚も持たずに生活をしていますので、実体験も交えてお話ししたいと思っています。
[su_button url=”http://life-and-f.com/?p=8666″ style=”glass” background=”#cc3366″ size=”5″]ポイントカードを一枚も持たない男の考えを聞きたくないかい?[/su_button]