【普通に働くと給料は低いまま】自己投資して後から回収する思考

皆さんは今もらっている給料や会社の待遇に満足していますか?もし、満足しているのであればおそらくあなたはそこまで給料が低い訳でもなく、会社の立場も自分が納得しているポジションにいる人だと思います。しかし、大抵の人は今もらっている給料や待遇に不満も持っています。それでは、皆様に簡単な質問を致します。今よりも高い給料をもらうためには何をしたら良いでしょうか?答えは何通りもあると思いますが、一つは今いる職場で成果を上げて上司や社長に認められるような仕事をする。もう一つは、今よりも給料や待遇の良い職場に転職をすると言う選択肢になります。職場を辞めるかどうかの一つの基準になるのは、上司の年収です。もし、今勤めている職場の給料が基本給+コミッション制であれば自分の努力次第で給料は変わりますが、基本給+役職給(能力給)の会社であれば上司(部長)の年収がその職場のMax年収であったりもします。もし、その上司の年収が400万円であったならば例え20年間その職場に勤めたとしてもMax年収は400万円にしかなりません。(様々な要因で給料が上がる事もありますが・・・)ここまでの話しを聞いて、少しでも危機感をおぼえた人はぜひ最後までお付き合いください。



現状把握と将来設計



右を見ても、左を見ても世の中には会社があふれています。この会社には俺が必要だ!などと自惚れている人は、結局会社の歯車になっているだけです。例え自分がその会社を辞めたとしても、会社にとっては何の痛手もないのです。さて、冒頭で自分の上司の年収がMax年収だと言う話しをしましたが、皆さんは自分の上司の年収をきちんと把握していますか?上司と言う存在は時に偉大なもののように感じる事もあるかと思いますが、実際の給料は自分が想像している以上に低い場合がほとんどです。上司と言えど会社の歯車なのですから、当然上司よりも上の存在に給料を決められています。あなたの上司は、休日や連休に何をしているか知っていますか?あなたの上司の持っている財布や時計などの装飾品はいくらするか知っていますか?もしあなたが上司に直接”年収はいくらですか?”と聞けるのであればそれが一番ですが、年収の話しは関西人でなければなかなか出来ません。上司の休日の過ごし方や持っている装飾品の値段を知る事は、年収を予想するために必要な情報になります。これらの情報で収入が分からない場合でも、自分が上司の年齢になった時に参考になる生活スタイルです。もし、休日に毎日パチンコに行っていたり一日中寝てたなどと言われたら、お金がないからパチンコに行ったのだと容易に予想が出来ますし、寝ていたと言われたらお金がないか趣味がないか、仕事が重労働で疲れていたのかです。これは笑い事ではございません、将来のあなたなのですから。

現状把握が出来ましたら、次は将来設計です。上記では悪い例を書きましたが、現状把握を行った結果ぜひ上司のようになりたい!と言うとても環境に恵まれた人も出てくるでしょう。もし、将来に不安要因がいくつかあるようでしたら転職する事を考えましょう。職場環境を変えたり、会社のシステムに口出しをする事は誰でも可能なことですが給料を上げる事は自分では不可能です。なぜなら、給料は自己評価ではなく他人の評価だからです。転職をする場合は、現在勤めている職種にこだわる必要はございません。もし、国家資格を持っていてその資格の希少価値が高い場合はぜひその国家資格を活かした方が良いでしょう。しかし、多くの人は国家資格など持っていないのです。ですので、現在工場勤務の人でも営業職を選んでも良いのです。但し、転職するためには今よりも待遇が良い会社に勤めなければ意味がありません。


ロトや宝くじはやるのに資産運用はやらない日本人



ロトくじや年末ジャンボ宝くじはやるのにどうして日本人は資産運用を行わないのだろうか。日本人はお金が欲しいと思った時、パチンコや競馬、ロト6や宝くじを買ったりします。これらは全て賭け事ですがある意味投資と呼ぶ事も出来るでしょう。しかしながら、日本人は資産運用を行っている人は多くはございません。資産運用とは、例えば毎月1万円の積み立てをして10年後に積み立てたお金と金利を受け取ると言うものです。上記の例で言えば、1年間12万円預けますので12×10年間で120万円積み立てている計算になります。10年後その120万円がいくらになるのかは分かりませんが、十年後にお金を得ると言う思考が出来る日本人が意外にも少ないのは事実です。例えば、現在月収18万円あるとします。手取りにすると、14万円くらいです。やりたくもない仕事、未来がない職場で働き続ける理由は毎月14万円使えるお金がもらえるからです。資産運用をしている人は、こんな生活で良いと思っている人はいません。資産運用が出来る人は10年後とは言いませんが、近い将来を予想して生きているのです。14万円で働くくらいなら0円でも良いと思うのが正しい考え方です。0円では生きては行けないと言う人がいると思います。生きては行けません。しかし、少しの貯金があるならば実家で住まわせてもらい最低限の支払いだけを済ませ、少ないお金と時間を全て自分に投資しましょう。3ヵ月間無職(フリーターでも良い)をして自己投資し、手取り16万円の企業に就職できたとします。無職であった三ヵ月間の給料14万円×3ヵ月=39万円は、手取りが2万円高い企業に就職したとすると、2万円×12ヵ月=24万円ですので約2年間で回収する事が出来ます。ぜひ、長期的なプランで仕事を考えてみて下さい。


全80講座以上の豊富な資格!


自己投資した方が最後には笑える



自己投資した方が最後に笑えるのは当然です。皆さんは、高卒の人と大卒の人の初任給が違う事をどう思いますか?高卒の人からすると、どうして4年間大学に行ったと言うだけで初任給が高いのか意味が分からないと言う人がいます。4年間を無駄に過ごした人に高い給料を支払うのは私も無駄だと思いますが、この4年間はある意味自己投資なのです。4年間と言うのは勉強だけではなく、社会的経験などが含まれている4年間なのです。4年間無駄に過ごしたと言う人もいるかもしれませんが、アルバイトをしたり大学で学歴のある人の話しを聞いたりしたと言う経験が初任給が高卒よりも高くなっている要因でもあるのです。では、高卒の人は大学に通っていないのでいつまで経っても給料が上がらないのかと言うとそうではないのです。自己投資をして価値のある人間になれば当然給料は上がります。自己投資は、学ぶ意欲があれば学歴も、年齢も関係ないのです。自己投資をして価値のある人間になれば給料が上がると言いました。実際には、給料が上がると言うよりも様々な仕事を選ぶ事が出来るため、給料の高い仕事にも就けると言う事です。自己投資は、年収の上昇だけではなくなりたい自分になれます。


セミスタイルで自己投資


転職やフリーター生活は全然怖くない!



自己投資は休日に資格取得の勉強をしたり、セミナーに参加したりと様々ですが私はフリーターで給料を全て自己投資する方法をお勧め致します。というのも、私自身26歳でフリーターだからです。大学卒業後司法書士事務所に就職しましたが、数ヶ月で退社して以来ずっとフリーターとニートを繰り返しているのです。退社以降、台湾に中国語を学びに半年間留学したり、フィリピンに英語を学びに一ヵ月間留学をしたりしました。現在、自己投資に給料を100%つぎ込み、自分を可愛がっていると言う所です。こんな生活も今年で終わりにしようと思いますが、大学を卒業してから約4年間自由自適な暮らしを致しました。現在、フリーター生活を誇らしく思います。周りにフリーターはいません。26歳で定職に就いていないのは知っている限り私だけです。でも、恥ずかしいと思ったことは一度もございません。40歳・50歳になった時にどうなっているかが大事なのです。(私にとっては)


スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」


まとめ|まともに働くと給料は低いまま!自己投資して後から回収する思考とは?


20代後半になると周りの人たちはどんどん結婚して、仕事でも重要なポジションに就いている人もいるでしょう。同窓会に参加した時に(私は一度も参加した事はございませんが)仕事の話しで盛り上がったりします。自己投資をしていると、結婚が遠のいたり昇進や仕事の話しが出来なかったりして肩身の狭い立場になることもあるかもしれません。しかし、そんな事は一時なのです。30歳になって初めて参加した同窓会で、一人だけ年収1,000万円あったらどうでしょう?一発逆転どころが、30歳以降の同窓会では常に一人勝ちです。この話しは空想ですが、自己投資をしている時間と言うものは楽しいものです。私が台湾で生活したときも、フィリピンで生活をした時も、毎日が充実していて本当に幸せな時間を送る事が出来ました。終身保険に加入するのが若いときの方が良いように、自己投資も若いときの方が当然良いのです。20代を辛いだけの仕事生活にあてては絶対にいけません。ぜひ、楽しい自己投資をして見てください。自己投資をした費用は、いつかまとまって自分に帰ってきます。お金として帰ってくる場合もあれば、違う形で帰ってくる場合もございます。いずれにせよ、自己投資に無駄はございません。ぜひ、親からもらったこの命に感謝して楽しく生きて下さい。